« 「テレビを見る」という表現も実際には… | トップページ | 自分のブログのレイアウトについて思うこと »

福岡西方沖地震のニュースに驚愕

 久々の投稿です。
先日の連休中にクラス会があり遠方のため
久々に列車を乗り継いでの移動をしていました。
ちょうどお昼になったのでなにげなく携帯ラジオでNHKのニュースを聞こうと
スイッチを入れたら福岡西方沖地震の速報で大変なことになっていることを知りました。
発生してから1時間ほどの情報でしたのでまだまだ詳細なことがわからず、
スタジオではとにかく最新の情報の収集に、
現地では家屋や道路の破損状況と住民の生の声を伝えるので精一杯といった、
まさしく騒然とした状態が電波に乗ってイヤホンをとおして
自分の頭の中にそして心に直接届いてきました。
すぐに、メーリングリストやホームページなどで
お見かけしたことのある九州の方々の名前が浮かび心配になりましたが、
あいにく混雑している列車内にいたためパソコンを開ける状態でなかったので、
クラス会の合間にでもモバイルでメールの受信だけでもして
メーリングリストを見てみようと思いました。
 結果、メーリングリストのメンバーやそのご家族など負傷された方は
おられなかったようでほっとしました。
でも、お一人の方が亡くなられ多くの方々が負傷したり家屋の倒壊の被害などで
特に玄界島の方々は福岡市内に避難中とか。
災害に遭われた皆様に心からお見舞い申し上げます。
 さてもう1点、高速で移動している列車内にいてそれらのニュースを聞きながら
ふと心をよぎったのはやはり
「もしも今この状況で大震災が起きたらどうなるだろう…」ということでした。
当然、列車は全線緊急停止…倒壊したがれきにより線路は閉鎖…
同時に架線が切断されれば駅もしくは途中で停電したまま
各列車はしばらくは停車したままになってしまう可能性もあると思います。
駅構内でしたらまだしも途中の線路上では缶詰状態も想定されます。
時間がたてば喉の渇きや空腹を覚えることもあるかと思われますので、
自分は特に遠出をするような場合はチョコレートやガムやあめ玉
そしてペットボトルなどの飲み物を持つように心がけています。
それと、携帯での通話はほぼ不能になるようですので
いざとなったら連絡のできる離れた地域の方との携帯メールの備えが
かなり重要なんだと再認識しました。

|

« 「テレビを見る」という表現も実際には… | トップページ | 自分のブログのレイアウトについて思うこと »

コメント

コメントありがとうございます
被災時は子供・老人・障害を持つ方など、弱い立場のかたが一番被害に遭いやすいのではないでしょうか?
私が被災したタイでも、小さな子供の遺体を沢山見ました。今でも思い出し、胸が痛みます。
被害を最小限に食い止めるシステムの構築はもちろんのこと、社会的弱者のケアも重要になってくると思います。

投稿: のっち | 2005.03.31 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89553/3392759

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡西方沖地震のニュースに驚愕:

» スマトラ沖地震・・・・再び・・・ [西訪旅遊]
・・・・また地震・・・ほぼ同じ場所で・・・。 朝、新聞を取りに行くと、一面に速報の見出しが。 ん?一瞬、数ヶ月前の新聞か?福岡のことか?と思ったら、どうやら... [続きを読む]

受信: 2005.03.29 22:19

« 「テレビを見る」という表現も実際には… | トップページ | 自分のブログのレイアウトについて思うこと »