« 鈍感力 | トップページ | 試しに携帯から投稿 »

県庁の星

 このタイトルの映画をテレビで見た
官と民の男女がプライベートも含めて共に手をとりあってそれぞれの改革をしていく…
これができたら理想的な社会と人間関係ができるんだろうね
けど、現実的にはかなり困難
それだからこそ、そういう思いを込めて制作された映画なんだろうと思う
 ところで、この映画の中で印象的なセリフがあった
「目の前の問題から逃げるやつは、人生の問題からも逃げる」
正確ではないけどこんな意味のものだった
「なるほど!」って思った
と、同時に身につまされる思いもした
今ふりかえるとおれはいったいどれだけ多くの問題から逃げたのかな?…ってね。
逃げて正解だったこともあるけど、逃げずに立ち向かっていればもっと違う人生になっていたのかもしれない…
そう思うときがある。けれど、
「過去はふりかえらずに前だけを見て歩んでいこう。なぜなら、人間の眼は前についているのだから…」
そう言った人がいる。
これもまた、「なるほど」って思った名言のひとつだった。

|

« 鈍感力 | トップページ | 試しに携帯から投稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89553/15396153

この記事へのトラックバック一覧です: 県庁の星:

» ~県庁の星~がひさしぶりである。  [takepon]
今週、映画、「県庁の星」がテレビに放送されていた。 タケポンは録画をして昨日、日 [続きを読む]

受信: 2007.06.12 05:51

« 鈍感力 | トップページ | 試しに携帯から投稿 »